上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相三間飛車 中盤戦の攻防 11手目▲7六飛型 4

◇なぜ▲7六飛型が指されるようになったか?

11手目に▲7六飛型と浮く指し方が流行っている理由を簡単に整理してみます。従来
最善と言われた▲4六歩は、相高美濃の同形に進めば先手指しやすいとされています。

CapD20120629.png

しかし、

①△8八角成りとされる阿部新手(A図)がやっかい。
②△3四飛(B図)と浮かれて、後手に早く攻めの態勢を作られる可能性がある。

などの理由で減少傾向にあります。

▲4六歩と突かないで▲3八銀も指されていますが、この場合も△3四飛(C図)と先
に浮飛車にされる手があるのです。この形は、先日の女流王座戦(長谷川-山口戦)
で指されました。

基本図の▲7六飛は、積極的に主導権を取りにいく手なのです。

CapD20120629_1.png

今回は、将棋倶楽部24高段者の実戦から、相三間飛車 ▲7六飛型の中盤戦の攻
防をご覧いただきます。

◇石田流に対して、引き角+▲4六銀型が流行形

基本図から、
△7二玉 ▲7七桂 △3四飛 ▲3八銀(第1図)

▲7七桂と上がれば、▲7四歩or△3六歩からの急戦はなくなるので、穏やかな進行
になります。

第1図から、
△2四歩 ▲3九玉 △2五歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲6八銀 △8二銀
▲5六歩 △8四歩 ▲5七銀 △8三銀 ▲4六銀 △1四歩 ▲7九角(第2図)

先手は、▲5六歩と突き、▲5七銀~▲4六銀と出て、引き角にして後手の動きを牽
制するのが最近よく見かける指し方です。部分的には、石田封じのような形です。

後手は、金無双から△8四歩と突いて銀冠への組み換えを狙います。

CapD20120629_2.png

◇角は5七が好位置

第2図から、
△1三角 ▲5七角 △3三桂 ▲8六歩 △8二玉(第3図)

▲7九角には、△1三角と出て3五の地点を守ります。先手は、▲5七角と動かして、
銀冠の弱点である8筋へ睨みをきかせます。△8二玉は普通の手ですが、甘かったか
もしれません。

第3図から、
▲7四歩 △同歩 ▲3五銀 △同飛 ▲同角 △同角 ▲4一飛(第4図)

▲7四歩が機敏な一手でした。△同歩に▲3五銀がこの形で注意しなくてはならない
手です。△同角は、▲同角 △同飛に▲4六角の王手飛車があります。△同飛と取
りましたが、▲4一飛と打ち込んで先手優勢でしょう。離れ駒ができた瞬間を狙って、
n八段の鋭い仕掛けでした。

掲示板へ書き込みができるようにしましたが、時間が取れませんので、指し手に関す
る質問などにはお答えできないと思います。誤字や明らかな間違いなどありましたら、
指摘していただければありがたいです。

CapD20120629_3.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.06.29 / Top↑
◇▲7六飛に△3六歩は乱戦覚悟

5月23日(水)に行われた女流王位戦、甲斐-里見戦では相三間飛車の戦形になり、
基本図が指されました。(5/19の王座戦一次予選 室谷-室田戦でも指されました。)
里見三冠は、ここで△8二銀と指しましたが、ネット解説では△3六歩(第1図)について
触れていました。

△3六歩と突かれて後手が有利になったら、11手目に▲7六飛と浮く手が成立しない
ことになります。この形を指すなら、△3六歩以下の指し方は十分研究しておく必要が
あります。調べてみると、これが結構難しいのです。

△3六歩に対しては、①▲同歩、②▲同飛、③▲2八銀などが考えられます。

CapD20120615_6.png


①▲同歩

▲同歩 △8八角成 ▲同銀 △5五角 ▲7七角(第2図)

▲同歩と取るのは、甲斐-里見戦でも解説されていた手で、24高段者の将棋でも、こ
の手が多いです。角交換から△5五角には▲7七角を用意しています。

△1九角成 ▲1一角成 △2九馬 ▲2一馬(第3図)

この展開になれば、△2九馬までは一本道だと思います。また、次の手は、▲2一馬
・▲3五香・▲3八銀などが候補ですが、▲2一馬が最有力だと考えます。

第3図と似た局面は、今までにも何回か出てきました。『相三間飛車 序盤の研究 11
手目▲7六飛型 1』の第5図では、後手が3四飛型になっていますが、この場合は
3二飛型なので▲2一馬に△4二銀と逃げられません。これは先手に有利に働いてい
ます。しかし、第3図は難解な形勢だと思います。

CapD20120615_1.png

◇第3図以下は、研究課題

第3図での最善手はわかりませんが、△1九馬が有力だと思います。

△1九馬 ▲3五香 △3四香 ▲同香 △同飛(第4図)

△1九馬は、△5五馬と引く手や飛車角交換された時に△3七角打ちを狙っています。
先手は、角を渡さずに攻めなければいけないので、▲3五香と打ちます。△3四香 
▲同香 △同飛に、次の▲3五香が厳しそうですが・・・

▲3五香 △1四飛 ▲3一馬 △1七飛成 ▲3二香成 △1八龍(第5図)

銀は取らせても、その間に飛車を成るのが速い手です。第5図以下は、▲5九玉と逃
げて形勢不明だと思います。

CapD20120615_2.png


◇△3六歩には、▲同飛、▲2八銀も有力か


②▲同飛

△3六歩を▲同飛(第6図)と取る手も考えられます。

△同飛 ▲同歩 △8八角成 ▲同銀 △5五角 ▲3五飛(第7図)

飛車交換、角交換から△5五角と打つ手には、▲3五飛があります。以下、△3三角
あるいは△2二角と守りますが、▲5六角または、▲7四歩でいい勝負でしょう。

CapD20120615_3.png

また、△5五角で△6九飛と打つ手には▲7九飛(第8図)と合わせて、△同飛成り
 ▲同銀 △5五角 ▲3五飛で、同じような形になります。

CapD20120615_4.png

③▲2八銀

△3六歩に▲2八銀(第9図)と受ける手も有力です。

△3七歩成 ▲同銀 △7二玉(第10図)

△3七歩成 ▲同銀の局面で、△7二玉あるいは△7二銀(角交換から▲8二角と打
ち込む手には、△3六歩 ▲同飛 △同飛 ▲同銀 △5五角で無理筋。)なら、▲
7七桂と指して、落ち着いた将棋になります。

▲同銀に△3六歩と打てば、②と似た進行になります。

▲同飛 △同飛 ▲同銀 △8八角成り ▲同銀

以下、△5五角なら▲3五飛(第11図)で、第7図との比較となります。私には、ど
ちらも難解な形勢だとしか判断できません。

11手目▲7六飛に△3六歩は、きちんと指せば後手有利とまではならないようですが、
難しい変化が多く、有力な手だと思います。

CapD20120615_5.png


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2012.06.15 / Top↑
CapD20120520.png

今回は、テーマ図から△7二玉(第1図)を検討してみます。その前に、△7二玉では
なく、△7二銀と美濃囲いを目指す手は、

テーマ図から、
▲2二角成 △同銀 ▲8二角 △3六歩 ▲同歩 △5五角
▲7四歩 △9九角成 ▲9一角成(第2図)

と進んだ時に、『相三間飛車 15 美濃囲いへの△2八角(2)』第6図の進行と比べ
て、次の△8九馬が飛車取りにならないので、後手が悪いでしょう。

CapD20120520_1.png

本題に戻ります。△7二玉に対しては、①▲7七桂、②▲3八銀、③▲3八玉、
④▲2八銀
などが考えられます。

①▲7七桂(第3図)

第3図以下、
△3四飛 ▲3八銀 △8二玉 ▲3九玉(第4図)

将棋倶楽部24高段者の将棋を見ると、第1図からは、▲7七桂が1番多く指されてい
ます。▲7七桂に△3四飛は、▲2六飛~▲2三飛成りを防いで当然の一手。角の睨
みあいがなくなったので、先手は▲3八銀から美濃囲いに組みます。

以下、後手は美濃囲いにするか、穴熊にするかの選択はありますが、先手が端歩を伸
ばしてくれば、端と▲8五桂を絡めての攻めがあるので気をつけなければなりません。

CapD20120520_2.png

 ※参考棋譜※



ここでも▲3八銀は危険

②▲3八銀(第5図)

第1図から▲3八銀と美濃に組むのは危険です。

第5図から、
△8八角成 ▲同銀 △2八角 ▲7四歩 △同歩 ▲5五角 △3六歩 
▲1一角成 △3七歩成 ▲同銀 △1九角成 ▲2一馬 △2九馬(第6図)

長く進めましたが、お馴染みの手順です。第6図以下は、▲3二馬と飛車を取っての
攻め合いになります。この時に▲7六飛の形が先手にとってマイナスになっており、△7
五香の反撃がきつくなっています。

CapD20120520_3.png

③▲3八玉(第7図)

▲3八銀は危ないので、普通に▲3八玉から玉を囲う手が考えられます。

第7図から、
△3四飛 ▲2八玉 △3六歩(第8図)

△3四飛に、すぐに▲2八玉と寄るのは、△3六歩(第8図)があるので注意が必要
です。以下▲3八銀に、角交換から△5五角と打たれて、先手陣は持ちそうにありま
せん。△3四飛には、▲7七桂としてから▲2八玉と指すべきでしょう。

CapD20120520_4.png

④▲2八銀(第9図)

第9図から、
△3四飛 ▲3八玉(第10図)

▲2八銀は②や③のような乱戦になる変化を避けて、安全に玉を囲おうとする手です。
囲いは金無双に決まったわけではなく、▲2六歩~▲2七銀から銀冠(浮き飛車
なので、相手に飛車先を交換されないまま銀冠に組める。)にする手もよく見かけます。

第10図から、後手も金無双にするか、△3三桂と跳ねて様子を見るかなどが考えられ
ますが、一局の将棋でしょう。

CapD20120520_5.png

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2012.05.20 / Top↑
初手から、
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △3五歩 ▲7八飛 △3二飛 
▲5八金左 △5二金左 ▲4八玉 △6二玉 ▲7六飛(テーマ図)

テーマ図は、前回紹介した11手目に▲7六飛と浮く形で、最近見かける指し方です。

▲7六飛は、飛車の横利きを通し、桂馬の活用も見た手です。また、▲2六飛と回る
手(角交換から▲5六角の筋)を含みにしていますので、後手はこれを受ける手が必
要となります。

CapD20120513.png

この局面は、プロの対局では、まだほとんど指されていません。将棋倶楽部24高段者
の対局では、テーマ図から△3四飛と△7二玉が多く指されています。

※将棋倶楽部24高段者のデータ
CapD20120513_1.png

テーマ図から△3四飛(第1図)

△3四飛は、先手にだけ飛車先の歩を交換させまいという手です。

第1図からは、▲7四歩▲7七桂がよく指されています。▲7七桂なら落ち着いた
流れになり、△7二銀 ▲3八銀 △7一玉 ▲3九玉(第2図)のような進行が考
えられます。

CapD20120513_2.png

▲7四歩(第3図)は、先手の利を活かして、先に攻めようとする手です。この手が成
立するかどうか?ここは、①同歩あるいは②△同飛と取るか、③8二銀と受けるかの
三択ですが、激しい戦いが予想されます。

CapD20120513_3.png

①△同歩

第3図から、
△同歩 ▲2二角成り △同銀 ▲5五角 △3三角(第4図)

△同歩と取れば、角交換から▲5五角の銀・香両取りが先手の狙いです。これには、
△3三角と受けます。

第4図から、
▲9一角成り △9九角成り ▲8一馬(第5図)

角を成りあって、▲8一馬までは一本道でしょう。ここで後手は(1)△7二銀、(2)△8
九馬、(3)△7五香
などが有力です。どれも、先手がわずかに指せると考えていますが、
もう少し詳しく検討してみます。

(1)△7二銀は、▲9一馬 △7五香 ▲9六飛 △7九香成り ▲9三飛成りで、難
解ながらも、先手にやや分がありそうです。

(2)△8九馬は、▲6八銀と逃げられて後手の指す手が難しそうです。

(3)△7五香は、▲9六飛 △7九香成り ▲9三飛成りで、先手が少し指せると思い
ます。

CapD20120513_4.png

②△同飛

▲7四歩を△同飛(第6図)と取る手も有力です。

第6図から、
▲同飛 △同歩 ▲2二角成り △同銀 ▲5五角 △7五飛(第7図)

▲同飛と取り、角交換から▲5五角と打ちます。①と同じようにここで△3三角と打
つのは、角を成りあって▲9二飛と打てるので先手有利です。しかし、△7五飛と打
つのが好手です。

第7図では、▲7七角あるいは▲8八角と引いて守る手でしょうが、いい勝負だと思
います。

CapD20120513_5.png

③△8二銀

第3図から、
△8二銀 ▲7三歩成り △同銀 ▲7四歩(第8図)

▲7三歩成り △同銀に角交換から▲5五角は、△3三銀に勢い▲7三角成りと切り
ますが、△同桂 ▲7四歩 △7二歩で切れ筋です。ここは▲7四歩と押さえます。

第8図から、
△同飛 ▲同飛 △同銀 ▲2二角成り △同銀 ▲4一飛(第9図)

▲7四歩を△同銀は、角交換から①と同様に進んだ時に、後手の守りが薄いので先手
がよさそうです。銀を逃げるのもまずく、ここは△同飛と取るのが正しいでしょう。

以下、大駒交換の激しい展開になりますが、▲4一飛と先に飛車を打ち込んで、先手
がわずかにいいと思います。▲4一飛のところで▲5五角は、△7五飛で難しそうです。

CapD20120513_6.png


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
2012.05.13 / Top↑
※相三間飛車 美濃囲いへの△2八角の続きです。

初手から、
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △3五歩 ▲7八飛 △3二飛
▲5八金左 △5二金左 ▲4八玉 △6二玉 ▲3八銀 (テーマ図)


テーマ図で角交換から△2八角を指さないとしたら、後手は11手目▲3八銀にどう
指したらよいのでしょうか?

考えられる手は、①△7二銀、②△8二銀、③△3四飛などです。

これ以外に、△3六歩は▲同歩 △同飛に▲7四歩で後手危険です。△6四歩は、
▲2二角成り △同銀に▲3九玉で先手が指しやすいと思います。

Cap20120425.png

①△7二銀(第1図)

テーマ図から、
△7二銀 ▲2二角成り △同銀 ▲8二角 △2八角(第2図)

△7二銀と後手も美濃囲いにしてきた場合には、角交換から先に角を打ちこむ手が成
立しそうです。

▲8二角に△3六歩は、▲3八銀と上がっているの手抜きできるので、▲9一角成り
で先手有利になります。△2八角と打ち合うのが本筋でしょう。

第2図から、
▲9一角成 △1九角成 ▲7六飛 △3四飛 ▲7七桂 △3三桂(第3図)

角を成りあった局面では、すぐに攻める手はなさそうですので、浮き飛車にして桂の
活用を図ります。△3四飛のところで△2八香なら、▲3九金と受ければ大丈夫です。

同じように手を進めていけば、第3図が想定されます。ここで、次に▲6五桂と攻め
る手が成立しているかどうか?これは難しいと思いますが、いずれにせよ、ほぼ先後
同形なので、先に攻める先手が有利に進められそうです。

CapD20120425_1.png

②△8二銀(第4図)

第4図から、
▲3九玉 △3六歩 ▲同歩 △同飛(第5図)

△8二銀は、美濃囲いにせずに、手堅く金無双にする手です。

第4図で▲7四歩は、△同歩 ▲同飛 △8八角成り ▲同銀に、△2八角で後手有
利です。▲3九玉が自然ですが、後手は△3六歩と先に飛車先を交換してみたいです。

第5図で、▲3七歩なら△3四飛で不満ないでしょう。積極的に指すならここで▲7四歩
です。これに対して△同歩は、角交換から▲5五角で少し先手がよさそうです。

▲7四歩に△7二金は、▲7三歩成り △同銀 ▲7五歩に△6四銀か△8二銀でし
ょうか。これも先手ペースと思います。

△3六歩と飛車先の歩を切るのは、リスクがあるのかもしれません。▲3九玉に△7二玉
や△3四飛なら穏やかな進行
が予想されます。

CapD20120425_2.png

③△3四飛(第6図)

△3四飛は、先に浮飛車にして主導権を握ろうという手で、有力だと思います。第6
図から、▲2二角成りと▲3九玉を検討してみます。

(1)▲2二角成り △同銀 ▲7四歩 △同歩 ▲5五角 △3三角 (第7図)

角交換から▲5五角と打てば、激しい将棋になります。△3三角と合わせるのは、こ
の形での定跡手みたいな手です。

CapD20120425_3.png

第7図から、
▲9一角成 △9九角成 ▲8一馬 △8九馬 ▲9一馬(第8図)

角を成りあって、香・桂を取り合うのは、ほぼ一本道の展開でしょう。▲9一馬のと
ころで▲3九玉としたいのですが、△7五香と打たれて苦しそうです。▲9一馬と指
しておけば、△7五香 ▲7六香 △7八馬の時に、▲7三角の反撃があります。

しかし、他の変化もあり、先手は歩切れなので、第8図の形勢は難解です。自信が
なければ、(2)の指し方を選択した方がよいと思います。

(2)▲3九玉 △3三桂 ▲7六飛(第9図)

24高段者の実戦を見ると、第6図ではほとんど▲3九玉と指しています。以下、ゆっ
たりとした流れになり、△3三桂 ▲7六飛と進むのが順当でしょう。第9図からは、
△7二銀と指すか、または△7二玉から穴熊に囲う手も考えられます。

CapD20120425_4.png

最近は、▲3八銀のところで▲7六飛(A図)と浮く手をよく見かけます。これは、第6図
から第9図の進行では、後手の方に攻めの態勢を早く作られる可能性があるからです。

A図は菅井-甲斐女流戦(2011.12)からで、中盤戦ではB図のようになりました。羽生
-広瀬戦でも見られた引き角で、有力な作戦だと思います。今後、A図(端歩の突き
合いがない形で)やB図をテーマとして取り上げてみたいと考えています。

CapD20120425_5.png

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



2012.04.25 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。