上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回紹介した羽生-丸山戦では、テーマ図で△2六馬と指しましたが、今回は、ここで
△5四歩と突く形について取り上げます。先手は、1.▲同飛や、2.▲7七角が考えら
れます。

CapD20130916.png

1.▲同飛(第1図)

第1図以下の指し手
△3六馬 ▲7四飛 △7三歩 ▲7五飛 △5二飛 ▲3四歩
△4五桂 ▲4八銀(第2図)

▲同飛と取る手は、形は少し違いますが、羽生-丸山戦で指された手です。同じように
進むと、▲3八金と△2六馬が入っていないので後手の攻めが一手早くなります。また
▲4九玉と逃げられないので、先手が良くないと思います。

CapD20130916_1.png

2.▲7七角

テーマ図以下の指し手
▲7七角 △5二飛(第3図)

CapD20130916_2.png

第3図は『菅井ノート 先手編』に、『玉頭を狙われた先手が少し面白くない。』と書かれ
ている局面です。しかし、以下の進行については解説されていません。菅井先生がそう
判断しているのですから、先手が大変だとは思いますが、いろいろ面白そうな手も見え
ます。

第3図から、①▲8六角、②▲3五飛、③▲5九角について検討してみます。


①▲8六角(第4図)

第4図以下の指し手
△4一玉 ▲3三飛成り △同金 ▲5三桂(第5図)

CapD20130916_3.png

強襲が成立するかは微妙

▲8六角の王手は、後手陣の欠点を突いた手です。△5一玉は▲3一角成りがあるので、
△4一玉と逃げますが、▲3三飛成りが強い手です。△同金に▲5三桂が継続手です。

後手は、(1) △3二玉と逃げるか、(2)△同飛と取るかの二択でしょう。

第5図以下の指し手(1)
△3二玉 ▲6一桂成り △2六馬 ▲3七桂(第6図)

▲6一桂成りには、△2六馬と引いて守りますが、▲3七桂でどうか。以下、△7二
銀なら▲4五桂があります。第6図は難解だと思います。

第5図以下の指し手(2)
△同飛 ▲同角成り △6二銀 ▲3五馬(第7図)

▲同角成り △6二銀に、▲3五馬が最善だと思いますが、これも優劣不明でしょう。

CapD20130916_4.png

第3図から②▲3五飛

第3図以下の指し手
▲3五飛 △2六馬 ▲3八銀(第8図)

▲3八銀では▲3八金もあり、どちらが良いのかは難しいところです。

第8図以下の指し手
△3五馬 ▲同歩 △5五歩 ▲3四歩 △4五桂 ▲1五角(第9図)

第8図から後手が攻める手を考えてみます。△5五歩は▲同飛と取られるので、先に
馬と飛車を交換します。▲3四歩に△4五桂が気持ち悪いですが、▲1五角と打って
先手が少しよさそうです。

CapD20130916_5.png

第3図から③▲5九角(第10図)

第10図以下の指し手
△5五歩 ▲3八金 △同馬 ▲同銀 △5六歩 ▲同歩 △4五桂 ▲8六角(第11図)

▲5九角に馬を助けるのなら△3七歩ですが、▲同桂でつまりません。恐いのは、馬を
犠牲にして中央を攻めてくる手です。▲3八金には、△5六歩 ▲2七金 △5七歩成り 
▲4九玉の進行も考えられますが、先手が余していそうです。

△4五桂には、▲8六角と王手で覗くのが好手です。以下、△4一玉に▲5三角打ち 
△4二銀の進行が想定されます。形勢は、ほぼ互角だと思います。

CapD20130916_6.png


参考文献 『菅井ノート 先手編』 菅井竜也著 マイナビ

誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.09.16 / Top↑
3六歩型の代表的な一局が、羽生-丸山戦(2003.12)です。なんと羽生三冠が先手
を持ってこの形を指しています。22手目までは、前回と同じような手順ですが、16手
目に△7三歩ではなく、△9二飛と逃げているのが違っています。

前回第1図以下の指し手
▲3六歩 △2六馬 ▲3八金 △5四歩(第1図)

△2六馬には、▲3八金と指しました。ここでも前回解説した▲3五飛と引く手があり、
その方が穏やかな進行になったと思います。

◇後手、中飛車に

第1図以下の指し手
▲同飛 △3六馬 ▲7四飛 △7三歩 ▲7五飛 △5二飛(第2図)

△5四歩に角を引いたのでは、△5三馬で先手不満です。前回と違って△7三歩を打っ
ていないので、▲5四同飛と取る手が成立します。後手は、馬を自陣に引くのではなく、
中飛車にして中央を狙いにきました。

CapD20130804.png

第2図以下の指し手
▲3四歩 △4五桂 ▲4八銀 △3五馬 ▲1一角成(第3図)

▲3四歩は△4五桂と跳ねられて気持ちが悪いです。しかし、先に▲4八銀では、△5
四飛や△3四歩と守られて面白くないと見たのでしょう。

後手は、飛車・桂・馬を5筋に集中させています。うまく受けないと潰されてしまいそう
です。

△3五馬には、▲4六歩と守る手もありそうですが、▲1一角成は、飛車の利きを通し
てしまうので強い手です。

第3図以下の指し手
△5六歩 ▲同歩 △同飛 ▲4九玉 △5七桂不成 ▲3九玉(第4図)

素人目には、第3図から△5七桂成り ▲4九玉 △3四馬で先手自信がないように思
えます。△5六歩は難しい手です。第4図の形勢は難解だと思います。

CapD20130804_1.png



◇△6二銀への対処

この対局の後で出された『石田流道場』には、33手目▲1一角成の局面は後手不利と
書かれています。そして、24手目△3六馬の代わりに△6二銀(第5図)を本筋としてい
ます。

第5図以下の指し手
▲3五歩 △5三銀 ▲同飛成 △同玉 ▲3四歩(第6図)

先手は▲3五歩と桂頭を狙います。△5三銀には飛車を切って▲3四歩と攻める手が
解説されていますが、以下、△4五桂 ▲3三歩成りに△5六歩で、先手が苦しいよう
です。

CapD20130804_2.png

△6二銀と上がられたら、飛車切りの勝負にいかないで、▲7四飛(第7図)と指した方
が無難です。以下△3六馬は、▲3四歩で後手悪いので、△5三馬または△5三銀で
いい勝負でしょう。

▲3五歩 △5三銀の後で▲7四飛は、△6四銀(第8図)で先手大変だと思います。

CapD20130804_3.png


参考文献
『石田流道場』 所司和晴著 毎日コミュニケーションズ


誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.08.04 / Top↑
第1図では△4五馬を防がなければなりません。▲3六歩と▲3六飛が有力ですが、今
回は、▲3六歩(第2図)を検討します。

CapD20130725.png

『島ノート 振り飛車編』には、7三歩型で第2図から、△2六馬(第3図)と指す手が解
説されています。この手では、先に△5四歩も有力で、改めて取り上げる予定です。

第3図以下の指し手
▲3八銀 △5四歩 ▲7七角 △5三馬(第4図)

△5四歩で△2五馬と飛車を攻めるのは、▲3五飛とぶつけられ、△2四馬 ▲2五歩
で後手が悪いです。先手は、飛車と馬の交換は大歓迎です。

また、△5四歩を▲同飛と取るのは、△3六馬で困ります。(後手が7三歩を打ってい
ない形なら成立します。)▲7七角には、△5三馬が大きな手です。

CapD20130725_1.png

第4図以下の指し手
▲3七桂 △2二銀 ▲3五飛 △4四歩(第5図)

▲3七桂は△6二銀や△5二金なら、▲3三飛成り △同金 ▲4五桂の狙いを秘めた
手です。しかし、△2二銀と守られては手がありません。『島ノート』では、先手失敗と
して、▲3六飛型の解説に入っています。

なお、後手が3二銀型の場合には、△5三馬に▲2四歩(参考図)があります。△同歩
には▲2三歩の垂らし、△4四歩なら▲同飛で先手ペースでしょう。

Cap20130725.png


◇△5三馬を阻止する指し方

上の手順は△2六馬に▲3八銀が甘いと思います。ここでは▲3五飛(第6図)と引く
手が面白いです。後手の馬を活用させないことが大切で、飛車を使って5三馬を阻止
する手です。△3五馬と交換してくれば、▲同歩で玉頭攻めにはずみがつきます。

CapD20130725_3.png

第6図以下の指し手
△2二銀 ▲3八銀 △2四歩 ▲2七歩(第7図)

第6図で△5四歩は、▲3七角と引く手があります。後手は、3筋を補強する為に△2
二銀と上がります。先手は▲3八銀~▲2七歩と馬飛交換を迫るのが良いでしょう。

第7図から△2五馬には、▲同飛 △同歩で、桂頭や▲7四歩を狙っていけば、先手
指せると思います。


参考文献 『島ノート 振り飛車編』 島 朗著 講談社


誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.07.25 / Top↑
第1図以下の指し手
▲6五歩 △同歩 ▲同桂(テーマ図)

CapD20130720.png

テーマ図から、③△9九角成り

△9九角成りは有力です。以下▲7四歩 △同銀に、▲5三桂成りまたは▲5三角成り
は、△7五香の痛打があります。なので、▲7三桂成りと攻めます。

ここで、(1) △8四飛(第2図)と浮いたのが戸辺-堀口戦(2012.10)です。しかし、この
手は疑問だと思います。

第2図以下の指し手
▲7四歩 △8六歩 ▲同飛 △同飛 ▲同角 △5四銀 ▲8二飛(第3図)

飛車先が重いですが、△9八馬に▲7五角を用意した▲7四歩が好手です。後手の△
8六歩は仕方のない手で、飛車交換から▲8二飛と先着して先手ペースでしょう。実戦
も、59手で先手が快勝しています。

CapD20130720_1.png

▲7三桂成りには、(2)△同桂と取るのが正解で、続いて▲7四歩(第4図)と指した局
面が分岐点となります。

CapD20130720_2.png

第4図では、 (a)△7二歩 (b)△同銀 (c)△9八馬 (d)△6四桂 (e)△7五歩
などが考えられます。

(a)△7二歩は疑問手で、▲7三歩成り △同歩 ▲同飛成り(第5図)に△7二飛とぶ
つけるのは、▲同龍 △同銀 ▲7九飛で先手優勢です。

(b)△同銀は勝負手ですが、▲同飛 △6三金 ▲7九飛 △9八馬(第6図)に、▲6
四角 △7四歩 ▲5五角または、▲5三角成り △同金 ▲7三飛成りで先手が指せ
るでしょう。

CapD20130720_3.png

(c)△9八馬(第7図)は有力です。以下、▲7三歩成り △9七馬 ▲6三と △同金 
▲7一飛成り △6四馬 ▲5五桂(第8図)で難解でしょう。

CapD20130720_4.png

(d)△6四桂(第9図)も難しい手です。(1)▲7三歩成り △7六桂 ▲8二との進行は
先手自信ないかもしれません。(2)▲7九飛と引き、△9八馬 ▲6四角 △同銀 ▲7
三歩成り(第10図)と進めば、先手やや良しだと思います。

CapD20130720_5.png

(e)△7五歩(第11図)は手筋で、『石田流の基本 本組みと7七角型』に本筋として解説
されている手です。

CapD20130720_6.png

永瀬-北浜戦(2012.7)の進行

第11図以下の指し手
▲7九飛 △9八馬 ▲7五角 △8八馬 ▲7三歩成 △7九馬 ▲8二と △8八馬 
▲9一と △7九飛 ▲9三角成(第12図)

△7五歩を▲同角なら△6四銀、▲同飛なら△9八馬 ▲7三歩成り △9七馬で先手
がまずいです。なので▲7九飛と引きましたが、大駒の取り合いになりました。

実は、51手目▲9一とまでは戸部先生の本に解説されており、ほぼ互角と書かれてい
ます。以下、△7九飛 ▲9三角成りと進んだ第12図は、飛車を先着されているものの、
後手は歩切れなので先手が少し良さそうです。

参考文献
『石田流の基本 本組みと7七角型』 戸辺六段著 浅川書房



誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.07.20 / Top↑
CapD20130718.png

第1図以下の指し手
▲6五歩 △同歩 ▲同桂(テーマ図)

これは戸部先生の『石田流の基本 本組みと7七角型』に解説されている仕掛けです。
将棋世界12月号、勝又六段の講座でも取り上げられ、佐藤紳哉六段の「研究会では居
飛車がやれると思っていたが、感想戦で調べてみたら振り飛車がやれる変化が多かっ
た。」というエピソードが書かれていました。

この形を避ける為に、後手は飛車先を8四で止めたり、6二金型にする工夫が見られま
した。しかし、最近、橋本-丸山戦(2013.6.18)で指されて、後手が勝利しました。
テーマ図以下の手順を再点検してみたいと思います。

テーマ図からは、①△6四銀 ②△6四歩 ③△8四飛(橋本-丸山戦) ④△9九
角成り(戸辺-堀口戦・永瀬-北浜戦)
 などが考えられます。

このうち①△6四銀は、▲7四歩(第2図)で先手良し。②△6四歩は、▲7三桂成り 
△同桂 ▲7四歩(第3図)で後手困るので、③と④を検討します。

CapD20130718_1.png


テーマ図から、③△8四飛 橋本-丸山戦の進行

△8四飛(第4図)は、『石田流の基本 本組みと7七角型』には、▲7四歩 △同歩 ▲
5三桂成り(第5図)で「先手の攻めが続く」と解説されている手です。それで後手が良
くないと考えていましたが、丸山九段がその通りに指したので、実際はいい勝負なのか
もしれません。

CapD20130718_2.png

第5図以下の指し手
△9九角成 ▲5二成桂 △同銀 ▲7九飛 △3三馬(第6図)

先手は金を取りましたが、桂と香の二枚換えになっています。後手の馬付き銀冠は堅
く、形勢難解でしょう。

少し進んで第7図となりました。この局面は、振り飛車がうまく攻めたように思います。
65手目、▲3一金~▲2一金の攻めが、やや甘かったのかもしれません。

CapD20130718_3.png




参考文献
・『石田流の基本 本組みと7七角型』 戸辺六段著 浅川書房
・将棋世界2012年12月号 勝又六段の講座


誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


2013.07.18 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。