上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回紹介した羽生-丸山戦では、テーマ図で△2六馬と指しましたが、今回は、ここで
△5四歩と突く形について取り上げます。先手は、1.▲同飛や、2.▲7七角が考えら
れます。

CapD20130916.png

1.▲同飛(第1図)

第1図以下の指し手
△3六馬 ▲7四飛 △7三歩 ▲7五飛 △5二飛 ▲3四歩
△4五桂 ▲4八銀(第2図)

▲同飛と取る手は、形は少し違いますが、羽生-丸山戦で指された手です。同じように
進むと、▲3八金と△2六馬が入っていないので後手の攻めが一手早くなります。また
▲4九玉と逃げられないので、先手が良くないと思います。

CapD20130916_1.png

2.▲7七角

テーマ図以下の指し手
▲7七角 △5二飛(第3図)

CapD20130916_2.png

第3図は『菅井ノート 先手編』に、『玉頭を狙われた先手が少し面白くない。』と書かれ
ている局面です。しかし、以下の進行については解説されていません。菅井先生がそう
判断しているのですから、先手が大変だとは思いますが、いろいろ面白そうな手も見え
ます。

第3図から、①▲8六角、②▲3五飛、③▲5九角について検討してみます。


①▲8六角(第4図)

第4図以下の指し手
△4一玉 ▲3三飛成り △同金 ▲5三桂(第5図)

CapD20130916_3.png

強襲が成立するかは微妙

▲8六角の王手は、後手陣の欠点を突いた手です。△5一玉は▲3一角成りがあるので、
△4一玉と逃げますが、▲3三飛成りが強い手です。△同金に▲5三桂が継続手です。

後手は、(1) △3二玉と逃げるか、(2)△同飛と取るかの二択でしょう。

第5図以下の指し手(1)
△3二玉 ▲6一桂成り △2六馬 ▲3七桂(第6図)

▲6一桂成りには、△2六馬と引いて守りますが、▲3七桂でどうか。以下、△7二
銀なら▲4五桂があります。第6図は難解だと思います。

第5図以下の指し手(2)
△同飛 ▲同角成り △6二銀 ▲3五馬(第7図)

▲同角成り △6二銀に、▲3五馬が最善だと思いますが、これも優劣不明でしょう。

CapD20130916_4.png

第3図から②▲3五飛

第3図以下の指し手
▲3五飛 △2六馬 ▲3八銀(第8図)

▲3八銀では▲3八金もあり、どちらが良いのかは難しいところです。

第8図以下の指し手
△3五馬 ▲同歩 △5五歩 ▲3四歩 △4五桂 ▲1五角(第9図)

第8図から後手が攻める手を考えてみます。△5五歩は▲同飛と取られるので、先に
馬と飛車を交換します。▲3四歩に△4五桂が気持ち悪いですが、▲1五角と打って
先手が少しよさそうです。

CapD20130916_5.png

第3図から③▲5九角(第10図)

第10図以下の指し手
△5五歩 ▲3八金 △同馬 ▲同銀 △5六歩 ▲同歩 △4五桂 ▲8六角(第11図)

▲5九角に馬を助けるのなら△3七歩ですが、▲同桂でつまりません。恐いのは、馬を
犠牲にして中央を攻めてくる手です。▲3八金には、△5六歩 ▲2七金 △5七歩成り 
▲4九玉の進行も考えられますが、先手が余していそうです。

△4五桂には、▲8六角と王手で覗くのが好手です。以下、△4一玉に▲5三角打ち 
△4二銀の進行が想定されます。形勢は、ほぼ互角だと思います。

CapD20130916_6.png


参考文献 『菅井ノート 先手編』 菅井竜也著 マイナビ

誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.09.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/297-93007fc4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。